カテゴリー「受験教育」の1件の記事

受験勉強が嫌いだった

 大学受験。
 自分にとっては40年以上も前のことになります。

 受験勉強が嫌いだった。ほんとに、ほんとに、嫌いだった。理屈抜き。

 学びというのはあらゆる不純な動機づけを見抜くことそのものである。プレッシャーによる学びに屈することは、真実を求める心の自殺である。なんて今だったらカッコよく言うんですけど、17歳や18歳ではなにがなにやらわかりません。
 勉強していると遊びが気になる、遊んでいると勉強が気になる。最悪ですね。

 大学受験は、徴兵制の一種なのだと思っていました。でも、脱走する勇気はなかった。
 親が勉強にうるさかったら反抗できたかもしれないけれど、親は成績のよい息子が嬉しいだけだから、私は期待に応えてしまう。
 ほんとうに、進学しか価値観のない時代でもありました。

 でも勉強は嫌いだから、「難しいところに入ってみせりゃ、それでいいんでしょ」
 それだけになってしまいました。

 東大に入るつもりだったら、学生争乱のためにその年の東大入試がなくなってしまい、京大に行きました。別になんの勉強がしたかったわけでもない。どうせ、自分の人生なんか持ちようがないのさ、みたいに精神的にグレています。

 グレると、ろくなことがないですね。
 70年の学園紛争のまっただ中でした。一切の既存の価値観を疑おう、ということには賛同できました。どんな権威も認めなくなった。そうしたら、授業は理解できなくなり、失恋し、学生運動に巻き込まれ、いつも不安の塊。付き合っている仲間が全共闘派だから、仲間とつきあっていたい一心で革命用語を覚える。いろんな本を読みあさり、仲間に対してひけらかす。

 ほんとうは、愛されたかっただけなんですけどね。その正反対のことばかりする。

 学生時代に仲間に流されたのがいやだったから、もう集団に流されるまいと思いました。会社勤めしても、資本主義に染まってなるかと自分の思想を固めて突っ張った。そうしたら集団に入り込めない、いわゆる「空気読めない」になりました。
 6年近くも頑張った。でもつらくて、辞めました。

 ほんとうは怖くてしょうがなかっただけなのに、思想で固めて強いふりをする。そういう他人にはうんざりするけれど、自分でやってみないとその心境はわからないものです。頑張っているうちに、自分の心も他人の心も感じられないモンスターになるんです。

 会社を辞めてぶらぶらして、いわゆる自分探しをやります。生きることの充実はどこにあるのか。
 そんなの、探して見つかるようなものじゃありません。だって、生きるエネルギーは自己欺瞞がないところにやって来るんです。本に書いてあることや誰かの言ったことを真似していること自体が、空虚感や恐怖から逃げ回っているんです。

 そうこうしているうちに、親戚や知人の子どもの勉強を見るようになり、こちらは自然にうまくいきます。集団に入り込めないつらさを知っているもので、不登校の人たちを援助していたら、これもうまくいきます。いつのまにか、教育をやるようになっていました。失敗も多いけれど、教育だと原因究明に熱心になれます。どうも、天職だったみたいです。
 

 いま、痛切に思います。

 自分の気持ちがわからなくなると、高くつく。最初は、気持ちを偽っていることがわかっていても、やっているうちに偽っていることがわからなくなる。
 生きていくのにもっとも大事なことは、自己欺瞞がないことです。自分の行為の動機に気付いていることです。それが叡智というものです。

 でも、それを助けてくれる教育には出会えなかった。動機を一切不問にして、とにかくこれをマスターしろという教育ばかりだった。他人と比較したり、うわべだけ取り繕うことを教える教育ばかりだった。
 全部を教育のせいにしてはいけません、自分のせいも半分です。でも、教育のせいも半分だぞ、なんてことしてくれやがった、と思います。

 シュタイナー教育のように感受性を大事にする教育とか、サドベリータイプのように自由を尊重する教育とか、自分の十代がそういう教育だったら、こんなに苦しまなくて済んだでしょう。そのように人間性を大事にする教育を受けていたら、なにかしら才能を発揮する人生になっていたでしょう。それはさぞかし気持ちよかったろう。

 ああ、でも、と思います。
 反抗、孤立、欺瞞、執着、そういうものをもうコリゴリだというところまで生ききり、その不毛を見抜くこと。そこから湧いてくる澄んだ感じと喜び。こればかりは、バカなことをやらないことには、やってきません。こういう人生だったのかねえ、それもいいねと思います。

 しかしやっぱり、人生の躓きの石はどこにでもあるものでして、教育でわざわざ転ばせるようなことをしてはいけない。教育は、人間性そのものをいつも見据えていないといけないと思うのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  ブログランキングに参加しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)