« ささやかな恐怖。学校で植え付けられた | トップページ | 読書感想文の宿題をやめましょう »

旗ふるな

こんな詩に出会いました。

『旗』 作・城山三郎

 旗振るな 
 旗振らすな 
 旗伏せよ 
 旗たため 
 社旗も校旗も 
 国々の旗も 
 国策の旗も
 運動と言う名の旗も
 ひとみなひとり
 ひとりには
 一つの命

学校というのは、旗を振りたい人たちや、旗の前に直立不動したい人たちが、思い通りにしたがるところです。
学校には、素直で信じやすい若い人たちがたくさんいますから。

旗をかざす人たちの空虚さがわかりますか。旗は、体裁の良い自己崇拝なのです。
その虚しさを見抜く目を子どもたちに失わせないことができますか。

大義や権威をまぶしく感じないだけの充実した生を、子どもたちに保障できますか。

新たな旗を振ることなしに、それができますか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  ブログランキングに参加しています


|

« ささやかな恐怖。学校で植え付けられた | トップページ | 読書感想文の宿題をやめましょう »

コメント

日教組の事ですね、分かります。
日教組と言う旗のもとに、選挙運動をしてるんですよね。教職員等の選挙運動が禁止されている事とその理由が文部科学省のHP
でも簡単に確認できるというのに。
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t20030127001/t20030127001.html
「特に、教育公務員(校長、教頭、教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭、常勤及び再任用短時間勤務講師、実習助手、寄宿舎指導員)については、教育の政治的中立性の原則に基づき、学校において特定の政党の指示又は反対のために政治的活動をすることは禁止され、さらに選挙運動等の政治的行為の制限等についても公職選挙法及び教育公務員特例法に特別の定めがなされているところです。」

民主党政権になってから、公選法違反をしてもお咎め無しになってませんかね?
民主党の輿石東(日教組族議員)が有名かと思われますが。

あと、旗と言えばオリンピックですよね。
見事に表彰台に上がった選手が、誇らしげに自国の旗を見つめ、金メダリストの国の国歌が流れ、金メダリストは喜んで歌っているシーンがたくさん見られますもんね。そして各国から集まった観戦者が自国の旗を振って自国選手を喜んで応援するんですもんね。

それと、卒業式で不起立の教職員の実態を端的に説明してるこちらもどうぞ。
http://livedoor.3.blogimg.jp/amosaic/imgs/4/7/4768202a.jpg

http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-3240.html

http://alfalfalfa.com/archives/5094675.html


先の衆院選でミンスを応援してあげたのに、そのミンスに騙されてしまった朝日新聞が笑えるコラムを出してます。

「教員免許更新制の廃止先送り 中央審議会最終まとめ案」 2012年7月12日
http://www.asahi.com/edu/university/toretate/TKY201207120320.html

因みに、免許更新制に反対してる人の共通点は御存じで?

投稿: 現実逃避は何の解決にもなりませ~ん | 2012年8月23日 (木) 15時51分

いいえ、日教組を含みますが、日の丸君が代も、校旗も含みます。
党派心をあおるもの、忠誠心を求めるもののすべては、知性を堕落させると考えています。

投稿: 古山 | 2012年8月23日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209056/55447608

この記事へのトラックバック一覧です: 旗ふるな:

« ささやかな恐怖。学校で植え付けられた | トップページ | 読書感想文の宿題をやめましょう »