« なぜ成績をつけるの? | トップページ | なぜ数学が必要なの? »

サドベリーバレースクール

 教育方法にはいろいろあります。
 サドベリーバレースクールという学校をご存じでしょうか。
 アメリカのボストン近郊にあり、授業をまったく強制しません。休み時間だけでできている学校と考えたらいいでしょう。休み時間こそ、子どもたちがもっともよく学び育つと考えているのです。近在から200人近くの生徒が通学しています。美しい洋館と広大な敷地があり、生徒たちは、芝生で遊んだり、球技をしたり、釣りをしたり、料理をしたり、だべったり、およそいろいろな好きなことをしています。
サドベリーバレースクール
 徹底した自治に基づいて運営されていて、40年以上の風雪に耐えています。意識的に文化的発信を行っていて、世界的に波及しつつあります。

 このような教育も存在していないといけません。そうでないと、教育とは学習指導要領をこなすことであると思い込んでしまいます。子どもの側の自発性を徹底的に信用した教育も存在するのです。
 日本の現状のように、一斉授業とテストと塾通いで教育していれば、子どもはそれに適応して育っていきます。それに合っている子もいますし、合っていない子もいます。

 だからといって、サドベリーバレー校タイプの教育を、日本の公立学校にやたらに真似してほしいとは思いません。公立学校は授業こそが生命の教育方法でして、授業法を磨き上げ、学級運営を工夫していけばよいと思います。ライオンが空を飛びたがるようなことをしてはいけません。授業なしで学校を成立させるには、それはそれでノウハウの蓄積が必要なのです。なによりも、スタッフと生徒の話し合い能力がないと運営できません。

 教育にもっともっと選択肢が必要です。サドベリーバレー校タイプの教育は、それがいいと思う人たちが集まってやれるようにすべきです。そのような教育を望む教師も、保護者も、子どもたちもいます。こういう学校も存在していないといけない。志のある人たちがもっと自由に学校を作れるようになるといいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  ブログランキングに参加しています

 

 

|

« なぜ成績をつけるの? | トップページ | なぜ数学が必要なの? »

コメント

こういうのはいかがですか?
http://www.youtube.com/watch?v=nCi2kTh0nww
オランダの学校です。尾木さんは日本の教育は明らかに遅れているとおっしゃってます。それは当然といえば当然です。日本では伝統的に,教育改革は非専門家が行ってきましたから。少数,専門家が含まれることはあっても,非専門家に迎合する方です。ブログなどで教育について論を貼られる方々も,生活体験を出ない情報で主張されているかたがほとんどのようです。「専門家の意見を聞きたいという」主旨は見かけませんね。でも,素人と専門家の差は歴然としていると思います。

投稿: kazukitea | 2012年6月15日 (金) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209056/54964620

この記事へのトラックバック一覧です: サドベリーバレースクール:

» 説明と証明 [へなちょこ自然保護]
 昨年3月12日,あの大地震,大津波の翌日,福島原発1号機が爆発した.時刻は3時36分.福島中央テレビは即座に(3時40分に),爆発の映像を県内に流した.そして同じ系列の日本テレビに,これを全国放送するように要請した.何度も要請したが,日テレが放映したのは,福島中央テレビの速報から1時間以上経った4時49分であった.日テレの映像を見て初めて菅直人は爆発があったことを知り,やっと官邸が動き出す.  なぜ日テレは映像をすぐ流さなかったのか? 日テレ側の説明は: 「〜すぐに映像は届いていた.だが,何が起っ... [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 02時56分

« なぜ成績をつけるの? | トップページ | なぜ数学が必要なの? »