« 屋外活動と放射線 東京近郊の学校の場合 | トップページ | 6日は安全そう ドイツ発シミュレーションの検証 »

教育委員会 執行機関とチェック機関が一緒

 今度の原発事故で、原子力安全・保安院は原子力を推進する経済産業省の機関の一つなので、「執行機関とチェック機関が一緒だというのは良くない」という話が総理周辺から出ているそうです。(テレ朝ニュース 3.31 5:50)

 納得できます。組織面と予算面で分離していないと、どうしても利害共同体になってしまいます。

 「執行機関とチェック機関が一緒」ということでは、教育委員会がそうです。教育委員会は、公立学校に対して方針決定権も、人事権も、予算権も持っています。そして、学校に対するお目付け役でもあります。
 これは、いじめ、不登校など教育の問題がなかなか解決しないことが多く、うやむやに終わりがちなことの原因になっていると思います。

 学校の不祥事が見つかれば、それはそのまま教育委員会の不祥事になるのです。教育委員会が客観的なチェック機関になれるでしょうか。

 チェック機関を分離することが適切です。ただし、そのチェック機関は、文科省や自治体ではなく、できるだけ現場に持ってくることが大事です。本当のことは、受益者側にしかわかりません。
 親と生徒の代表を含む、学校ごとの評議会がよろしいと思います。
 校長任命者だけで固める現在の評議員制度ではいけません。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  ブログランキングに参加しています

|

« 屋外活動と放射線 東京近郊の学校の場合 | トップページ | 6日は安全そう ドイツ発シミュレーションの検証 »

コメント

全く同感です。ただ児童生徒の保護者がチェックするとなったら、かなり多くの先生が反対するだろうと思います。
というのは、うちの子ども達が通ってる学校(公立)の授業参観してきたら、8クラス(ある2学年の全クラス)のうちまあまあ授業が上手だなあというのが2クラス、まあ及第点かなあというのが2クラス、残り4つは、こんな先生のクラスに子どもを預けたくない、というレベル(うちの子ども達を含め、複数の子ども達の評判も私の見方と全く同じでした。)で、先生方の半分は給料泥棒的レベルではないかと…。
勿論、学校によっても違うのでしょうけれど、うちの子が通っている学校は、校長の人事や立地などからすると、市内でも良い方というか、市教委から目をかけられている学校と推測され、それにも関わらず、前述のような教員レベルなのです。ということは、全体的には言わずもがな、かと思います。
ということで、保護者のチェックシステムを導入することなった時点で、教職員から反対の声の嵐が来そうな気がします。

投稿: 一保護者として | 2011年4月 5日 (火) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209056/51290942

この記事へのトラックバック一覧です: 教育委員会 執行機関とチェック機関が一緒:

« 屋外活動と放射線 東京近郊の学校の場合 | トップページ | 6日は安全そう ドイツ発シミュレーションの検証 »