« 民主党の学校理事会案 | トップページ | 小話 免許更新講習 »

間違えないように目立たないように

 小学生高学年ののとき、合唱クラブに入っていたのを思いだした。
 恥ずかしい目にあわないか、失敗しないかといつも心配して歌っていたことを思いだした。
 一人間違えて、ぱっと注目を浴びる、あの怖さである。合唱の怖さは、自分だけミスして目立ってしまうことなのだ。

 大人になってから、合唱の楽しさを知った。ときおり、好きで友人たちと合唱をした。そのときは、全体が聞こえていて、自分の歌っているパートがそれと調和しているのを楽しんでいた。あれは、楽しい。

 小学生のときは、合唱クラブにいても、あの楽しさをまったく知らなかった。

 自分から入った合唱クラブではなかった。顧問の先生が、各クラス担任に、歌が上手な子を推薦してくれと言ったのだと思う。教師にすすめられ、なにかしら断り切れなくて入った。本来、私が、遊ぶ時間を減らされるのを受け入れるはずがなかったから、どうして合唱クラブに入っていたのかは、いまもよくわからない。
 学校クラブでは、とくにつらい体験もないが、楽しい体験もしていない。言われたことだけしていた。東京の九段会館で開かれたコンクールに参加したが、あっけなく落選した。地区大会を勝ち抜いたから東京に行ったのだと思うが、勝つの負けるのにまったく関心がなかったから、覚えていない。

 指導していた女の先生は、とくに厳しくもなかったし、とくにノセるのが上手なわけでもなかった。「そこをこういうふうにして」という指示はたくさん出していた。先生は、歌のイメージをいろいろと文学的な言葉で伝えようとしていた。「秋の美しい様子なのよ」というように。
 で、それで、どういうふうに歌うのかは、さっぱりわからなかった。
 典型的な、「間違い指摘してよくする」型の指導だった。叱りつける愚かさは知っている人だったと思うが、楽しさを伝えられる人でもなかった。
 きっと、音楽大学で訓練を受けた人だったのだろう。内面には芸術への純粋な想いと、コンクール入選の野心が同居していたろう、などと想像がふくらむ。こういう人をテーマにして、子供たちとスレ違ってしまう教師の短編小説でも書きたいな、と思ったりもするが、私は小説の文体を持っていない。

 あの合唱クラブで、私は、自分のパートを覚え込んで、間違えないように、目立たないように歌っていた。自分も一員で、自分も作っているなんていう感覚はまったくなかった。
 ときどき間違えて、身も世もない気分になっていた。私にとってはそれが現実の世界だったが、それは、友人からも、教師からもわからなかったろう。

 そう、それが学校だったよ、と思いだしたのである。間違えないように、目立たないようにしていることなのだ。

 大人になってみると、あれを「美しい子供たちの歌声」とか、「コンクール目指してがんばる子供たち」、と解釈するのだ、ということを知った。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  応援クリックのためのバナー

|

« 民主党の学校理事会案 | トップページ | 小話 免許更新講習 »

コメント

はじめまして。

自分だけ
間違えないように
間違えないように

今、日本は間違った方向に誘導させられております。
海外勢力の恐喝に怯えた学校教師のせいでもあります。

日本人は、「みんなで同じ事をしよう」
という傾向が強いですが、
このままいくと、
「みんなで間違った事をしよう」
という方向に落ちていってしまいます。

勇気のいる事だとは思いますが、
教育団体(アメリカ、中国、韓国による恐喝)
の悪法にめげず、子供を正しく、強く
育てて下さい。

投稿: この国に住んでいる感謝の気持ち | 2009年8月23日 (日) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209056/45885233

この記事へのトラックバック一覧です: 間違えないように目立たないように:

« 民主党の学校理事会案 | トップページ | 小話 免許更新講習 »