« 市教委と一部マスコミによる”魔女狩り” | トップページ | なぜ教育をするのか »

上からの教育改革の限界

 90年代から始まった”教育改革”に大きな限界があった。

 改革を発想する人間と、行動する人間が別々であることである。政府主導の教育改革会議が作られ、方針を出して、公務員組織に実行させる。文科省も、遅れをとってはまずいから、同じようなことをする。

 だから、ダメなのである。
 言い出した人間は、言ったきりでそのまま。審議会でけっこうなプランを作れば、それで責任を果たしているのだから。
 動いた人間は、報告書を出して、ほっとしてそのまま。形を作ればそれで責任を果たしているのだから。

 だから混乱ばかり作り出す。「教育改革の幻想」(苅谷剛彦)なんて言われるのである。

 そもそも、改革というのは、問題を抱えている人たちが、「こんなことで困っています」とか「こうしたらいいんじゃないですか」と動き出して、成立するものである。だから、行政の仕事は、困っている人たちに道がつくようにしてあげることだ。それが民主主義国というものだ。

 それなのに、教育ということになると、政府も文科省も、自分が問題を解決してやると一手に引き受けて、立派な旗を振る。
 うまくいきっこないのは、当然。

 近年の動きの中で、なにかしらを本当に改革したなと思われるものは、言い出した人が実際に身を挺して人々によびかけ、流れを作り出している。「学びの共同体」の佐藤学とか、「TOSS]の向山洋一とか、「不登校」の奥地圭子とか、「シュタイナー教育」の子安美智子とかである。
 他に、「この人は確かに何かを作っている」と感じられる人たちは、ことごとく実際に現場から動いている。

 けっこうな理念があって、それを官僚機構が率先して実行し、みなが力を合わせて立派な教育ができる。この美しいイメージにとらわれてしまうことそのものが問題なのだ。
 社会主義国が潰れていったのは、美しいイメージに酔い痴れ、問題を抱えた人たちが自律的に動けるようにしなかったせいである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ  応援クリックのためのバナー

|

« 市教委と一部マスコミによる”魔女狩り” | トップページ | なぜ教育をするのか »

コメント

ちょっと畑は違うかもしれませんがこういうのも ( 特に13章:効果的な指導、14章:教育改革、は必見!)

Science For All Americans翻訳プロジェクト(2008年4月に翻訳完了)
http://sfaainjapanese.seesaa.net/

投稿: d | 2008年12月11日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209056/41784375

この記事へのトラックバック一覧です: 上からの教育改革の限界:

« 市教委と一部マスコミによる”魔女狩り” | トップページ | なぜ教育をするのか »